ubuntu de rails

ubuntuでRuby on Railsをインストールしました。
さっそく動かしてみようとしたところ、やはり簡単には動きません(笑)

サンプルを動かしてみようとしたところ、

MySQL::Error in ...

というメッセージが。どうも、rails アプリを動かすためにはDBの設定もしないといけないようです。
という訳で、MySQLでデータベースの設定。

デフォルトでは 「サービス名」_developent というデータベースを使う模様。これはconfig/database.ymlで定義されています。こんな感じ。


# MySQL. Versions 4.1 and 5.0 are recommended.
#
# Install the MySQL driver:
# gem install mysql
# On Mac OS X:
# sudo gem install mysql -- --with-mysql-dir=/usr/local/mysql
# On Mac OS X Leopard:
# sudo env ARCHFLAGS="-arch i386" gem install mysql -- --with-mysql-config=/usr/localmysql/bin/mysql_config
# This sets the ARCHFLAGS environment variable to your native architecture
# On Windows:
# gem install mysql
# Choose the win32 build.
# Install MySQL and put its /bin directory on your path.
#
# And be sure to use new-style password hashing:
# http://dev.mysql.com/doc/refman/5.0/en/old-client.html
development:
adapter: mysql
encoding: utf8
database: RoR_development
username: root
password:
socket: /var/run/mysqld/mysqld.sock
:


MySQLでEncodingがUTF8、databaseはRoR_developmentでusernameがroot、passwordなし、socketとして/var/run/mysqld/mysqld.sockを使う設定になってます。思いっきり初期値ですね。これを環境に合わせて設定してあげる必要があります。

まずはDBの生成。MySQLにログインしてcreate databaseします。

 > create database RoR_development;

rails で使用するアカウントを用意し、RoR_development を使えるように設定。

 > grant all privileges on RoR_development.* to 'root'@'localhost' identified by 'パスワード' with grant option;

作成するアカウントに全ての権限を付与し、localhostからの接続を許可する設定しておきます。
これで準備完了。MySQLから抜けて設定を確認します。アカウントをrails用に用意した場合はconfig/database.ymlを設定しなおします。

設定が終わったらDBにちゃんとアクセスできるようになっているかの確認。

xxx@ubuntu:~/rails/RoR$ rake db:migrate
(in /home/xxx/rails/RoR)
xxx@ubuntu:~/rails/RoR$

怒られなければうまく設定できてるということでしょう(^^)v

Comment

Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。